「抱かれたい男」福山雅治に学ぶモテ肌のヒケツ

画像

福山雅治のスキンケア術

「日本を代表するいい男といえば?」という質問をされたら、多くの人が「福山雅治」という名前を挙げるほどの人気ぶり。それは40代になったいまでも不動です。

そんな彼は、どんなスキンケアを行っているのでしょうか。それとも、もって生まれた顔がいいからスキンケアなどは特別していないのでしょうか。

実は、福山雅治は肌のケアをしっかりと行っていることで知られています。これは、彼は自分でも認めるほどの乾燥肌だからだそうです。そのため、きっちりとスキンケアをして、あのカッコよさをキープしているのです。

福山雅治のスキンケア術の基本は、「洗いすぎないこと」にあります。そして実際に行っているのが、「タモリ式入浴法」です。これは、石鹸やボディソープを一切使わず、湯船に10分以上入って汚れを落とすという、いわばお湯だけを利用した入浴法のことで、肌への負担を軽減します。洗顔の際も洗顔フォームを使いません。余計な皮脂を落とすことを防ぎ、洗顔した後は化粧水やクリームを使用して、肌のキメを整え、保湿を欠かさないのです。

福山雅治の食生活

誰もがうらやむモテ男、福山雅治はどんな食生活を送っているのでしょうか。

ここにも、やはりカッコよさの秘訣があります。それは、プロの俳優としてのダイエットメニュー。撮影が入ると体を絞るという彼のダイエットメニューは、たんぱく質を中心とした食生活を行うというものです。

そのメニューは、まず「鶏のささみ」。そのままだと味気ないので、カロリーの低いマヨネーズをかけます。次に「ゆで卵の白身」を4個食べます。白身に限定しているのは、黄身のカロリーが高いためで、黄身は食べないとのこと。しょうゆと低カロリーのマヨネーズをかけて食べます。あとは春雨スープを足すこともあるようですが、基本的にはこの食事を毎食続けます。しかし、ダイエット中でも同じ食事は飽きてしまうもの。そんなときには、イカやタコといった低脂肪で高たんぱく質の魚介類を食べるようです。

美肌から生まれるカッコよさを実現しているのは、やはりこうした影の努力なのです。

福山雅治の健康法

それでは、そんな福山雅治は健康に気を配っているのか、といったら、やはり答えはYESです。前述したように「タモリ式入浴法」を実践し、お湯のみで洗顔をしているほか、たんぱく質中心の食生活で体を定期的に絞っています。
また、体が冷えることを防止するために、自宅では腹巻をしているそうです。

そして、福山雅治のラジオでの顔といったら「下ネタ」。ドラマのイメージとは真逆のものですが、彼のラジオでは下ネタが連発されることは有名です。それにも理由があり、ラジオで語ったところによると、「エロが免疫力を高める」という「エロ健康法」を行っているとのこと。冗談交じりに語っていましたが、この方法は一理あるんです。「エロ」ということは、女性を意識するということですよね。いくつになっても女性の目線を気にすることで、外見はもちろんスキンケアを怠ることがなくなります。肌のために食生活や生活習慣を見直すことにもなるのです。「抱かれたい男」に追いつくことはできませんが、その姿勢は見習うところが多いにありますね。

TOPへ戻る