メンズスキンケア用品の成分

画像

コラーゲンとは

肌にいいというイメージの強い「コラーゲン」ですが、これはたんぱく質の一種です。役割としては、細胞間をくっつける存在であり、関節を支えるためのクッションのようなもの。つまり、コラーゲンは肌の基礎部分となるもので、これがなくなると肌の土台がなくなってしまうことを意味しています。それだけ肌にとって、コラーゲンは重要な要素なんです。

そして、皮膚におけるコラーゲンは「真皮」にあります。真皮とは、表皮の内側にある皮膚を指しますが、その70%はコラーゲンでできているんです。

コラーゲンがなくなると、乾燥し保湿力も低下。つまり、コラーゲンを体が作り出せない状態に陥ってしまうのです。コラーゲンを作り出す能力は40代から急速になくなっていくため、若い時期からの肌ケアが非常に大切です。

コラーゲンが保たれている肌は、ハリと弾力があり、乾燥しにくい状態をキープすることができます。このように、コラーゲンは肌にとってとても大事な存在なのです。

ヒアルロン酸とは

「コラーゲン」と並んで「ヒアルロン酸」も肌に大切な要素として有名ですが、ヒアルロン酸は保湿機能に優れており、多くの化粧品に配合されています。

そんなヒアルロン酸はコラーゲンと同様に、細胞間をくっつける機能をもっているため、肌になくてはならない成分です。

化粧品に含まれるヒアルロン酸は、多くの場合、真皮にまで届かないのが一般的ですが、角質層の水分を保持してくれるため、表面の水分蒸発を防いでくれるという機能があります。また、肌にツヤを与え、肌トラブルを未然に防止する働きもしてくれます。それもそのはずで、ヒアルロン酸は1gで6,000mlもの水分を保持できるといわれています。そのくらい優秀な保湿成分であるヒアルロン酸ですから、加齢による肌対策に欠かすことができませんね。ヒアルロン酸も年齢を重ねるごとに減少していきますので、エイジングケアには早めの対策が不可欠なんです。

プラセンタとは

「プラセンタ」は、男性にとって聞きなれない単語かもしれませんが、現在とても注目されている美容成分なんです。必須アミノ酸などの様々な栄養成分を配合しているのですが、胎盤から抽出された成分という性質をもっています。「プラセンタ」の日本語訳が「胎盤」なんです。

では、なぜそれほどプラセンタに注目が集まっているかですが、プラセンタにしか含まれていない「成長因子」が存在しているからです。

赤ちゃんは、お母さんのお腹の中で成長していきますが、その成長速度はとてつもなく早いもの。人間でも、肉眼では確認できない大きさから10カ月であそこまで大きくなるのですから、その意味はお分りでしょう。その「成長因子」が、赤ちゃんの爆発的な細胞分裂を可能にしているんです。

つまりプラセンタをしている化粧品というのは、エイジングケアに大いに役立つとともに、古い肌細胞を新しく生まれ変わらせる力を秘めているのです。

TOPへ戻る